新着情報
-------- :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-02 :

マイコプラズマ肺炎が流行しています

最近、マイコプラズマ肺炎が流行しています。マイコプラズマ肺炎は、若年者に好発し
10~30歳代が約70%を占めます。
感染様式は、飛沫感染で家庭・学校・職場内で蔓延する可能性があります。潜伏期は2~3週で、
症状は痰がからむせき、全身倦怠感、発熱が特徴です。せきは頑固で長びくため、早目の受診を
お勧めします。診断は、胸部Ⅹ線写真でスリガラス様の陰影がみられるのが特徴です。
また、一般的なかぜ症候群に用いるくすりは効果がなく、マクロライド系抗菌薬、
ニューキノロン系抗菌薬、ニューマクロライド系抗菌薬などによる治療が有効です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。