新着情報
-------- :

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-13 :

脱水症について

脱水は、夏の暑い時だけに起こるのではなく、実は一年中いつでも起こります。
    ・水分を摂らず多量の汗をかいた時
    ・いつもより尿の量が多い時
    ・食欲がなく、食事や水分がしっかり摂れない時
    ・就寝中に何度もトイレに行きたくないからと水分を摂られない高齢の方、など
自分でも気が付かないうちに脱水を起こしている恐れがあります。

脱水症とは、体液が不足した状態のことを言い、症状としては以下のようなものがあります。
    ・のどが渇く
    ・吐き気
    ・下痢
    ・立ちくらみ
    ・尿の色がいつもより濃い
    ・尿が少量しか出ない、など
 
対策としては、毎日食事以外で1.5 ~ 2.0 L の水分を摂取することが基本です。
また、一度にたくさん飲むのではなく、少しずつ飲むと効果的です。
 (1時間でコップ1杯程度を目安に)
水分補給には、スポーツドリンク(アクエリアスやポカリスエット等)が適していますが、
野菜ジュースやスープ類、お味噌汁等でも摂取できます。

また、嘔吐や下痢、立ちくらみ等を伴う症状がある場合は、
電解質を含む経口補水液(OS-1、アクアライト等)が適しています。

重度の場合は、お早めに医療機関を受診されますことをお奨めいたします。
基礎疾患をお持ちの方は、かかりつけの医師にご相談ください。 


<参考>
脱水症は大きく2つに分けて考えられています。
  ・血液中の電解質が不足している「低張性脱水」とよばれる状態
  ・単に水分が不足している「高張性脱水」とよばれる状態

    低張性脱水                高張性脱水
     (食塩欠乏)                 (水分欠乏)

 ・水と電解質を失って、             ・水分摂取が足りない時
    水のみが補充された時    【原 因】    ・発汗が多い
 ・嘔吐                     ・多尿
 ・下痢

 ・口渇なし                   ・口渇あり
 ・尿量はふつう          【症 状】    ・尿量は少ない
 ・立ちくらみ、低血圧              ・口の乾燥(舌の乾燥)
 ・手足が冷たく、脈が弱い            ・手足、脈はふつう

※軽度から中程度の場合
 ・電解質を含む経口補液      【対 策】    ・水分、スポーツドリンク摂取
  (OS-1、アクアライト等)            (アクエリアス、ポカリスエット等)

※重度の場合
  早めに医療機関を受診されることをお奨めいたします。




   
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。